MENU OPEN
MENU CLOSE
CONTACT お問い合わせ

ブログ

子ども、家族、保育者、地域 みんなの個性で織りなす ほしにねがいをの文化

ご入園、ご進級おめでとうございます。様々な命が輝く季節の中、
子どもたちのこれからの育ちを思うと胸が膨らみます。

保育をおこなう中で感じるのは、さまざまなつながりの中でこそ、
子どもたちが豊かにいきいきと過ごせる、ということです。
今年度は、いっそう、保育者、保護者の皆さま、地域のかたがたとの連携を密にして、
共に子どもの育ちを見守っていけるようにしたいと思います。
行事を通じた子どもの姿の共有や、季節の行事の共同運営など、
ぜひ、社会での様々なバックグラウンドをお持ちの保護者の皆さまのお力を、
子どもたちの育ちのために一緒に使っていただければと思います。
もちろん、保育士、栄養士、看護師といった専門職である私たちもいっそう専門性を磨き、
実践を発信していきます。
子どもに関わるみんなの個性やその人らしさがまじりあう真ん中で、
子どもたち一人ひとりがその子らしく、豊かに楽しく育っていける――、
保育園をそんな場にしていきたいと思います。

いっぽうで、新型コロナウィルス感染症の影響は未だに大きいです。
感染防止対策を徹底しながら、その時々の状況においてできる取り組みをおこなっていきます。
コロナ対応に限らず、不安な点、ご意見、ご質問等、ささいなことでも構いませんので、遠慮なくお申し出ください。
共に子どもを育んでいく仲間です、
一緒に子どもの育ちにとって必要なことを考えていきましょう。
一年間、どうぞよろしくお願いいたします。

 

駒沢ほしにねがいを保育園
園長 藤川 和

Copyright (C) 社会福祉法人 正道会