MENU OPEN
MENU CLOSE
CONTACT お問い合わせ

ニュースリリース

コドモット通信「学習」

私たち保育者、教育者はモット、必要な学習の在り方をかんがえなければいけないと日々、感じています。

以前、こんな事例を聞いたことがあります。

大学生ですが、分数ができません・・・

「えっ?」と感じませんか!

私たちは必要な学習を履修という形で学んできたはずです。

小学1年生、2,3~中学、高校という流れです。 でも現在の学習の在り方は主に履修という形で進められていて、特にできなくても(習得する努力はしますが)、進級していくような制度です。

そのような在り方が、こんな現状を生んでいるわけです。

一方で幼児教育は、一人ひとりの発達に応じて! 個人差に配慮して!という履修ではなく、「発達していく」という習得(発達)という考えです。

学習とは履修することではなく、

自らの興味、関心を様々な学習科目を通じて

深め、広げていくこと

つまり自発的な学び(習得)のサポートだと感じます。

これからの教育、学習の在り方をもっと、モット、考えていくことが「今」の子どもたちの「未来」に影響します。

保育現場ももっと、モット、考えていきたいと思います。

理事長

 

 

 

 

 

トップページに戻る
Copyright (C) 社会福祉法人 正道会