MENU OPEN
MENU CLOSE
CONTACT お問い合わせ

スタッフの声

STAFF MESSAGEスタッフの声

溝口ピノキオ保育園保育士 松村 美和 / MIWA MATSUMURA

  • 正道会で働くきっかけは何ですか?

    結婚を機に上京しました。
    結婚後も引き続き保育士の仕事をしたかった為、就職先を探していたところ、正道会の保育理念や保育方針などを拝見した際に、私自身の大切にしている『子ども主体の保育』を実践されているところに魅力を感じ、就職希望をさせて頂きました。

  • どんなお仕事をされていますか?

    現在、幼児クラスのリーダーとして勤務しています。
    基本的な生活習慣を身につけたり、集団で生活する楽しさを日々子どもたちと共に考えながら過ごしています。
    また、日々の中で遊びを選択する機会を設けたり、子どもたちの興味関心を活かせるような環境設定や柔軟な対応を行っています。

  • やりがいを感じる時はどんな時ですか?

    子どもたちが挑戦したり失敗を繰り返しながら、”できた”を身近で共感が出来た時にやりがいを感じます。
    また、”ありがとう””楽しかった””大好き”といった言葉が子どもたちから聞けると嬉しいです。

  • 入社を検討中の方へのメッセージをお願いします。

    休みも取りやすく、仕事とプライベートの両立も出来ていると感じます。
    何より、可愛い子どもたちの成長を近くで見守りながら、楽しく保育をしてる時が一番楽しいです。
    乳幼児期の大切な時期の保育を、一緒に楽しんでやりましょう!

登戸ピノキオ保育園 平山 香菜子 / KANAKO HIRAYAMA

  • 正道会で働くきっかけは何ですか?

    在学時、見守る保育という保育方法に魅力を感じ、長崎市内のかき道ピノキオこども園と愛宕ピノキオこども園を見学させていただきました。その際、子どもの発達に適した環境に整えられているところや、先生方がそれぞれの子どもの個性を尊重し、温かい雰囲気のなか子どもたちと関わっている姿を目にしたとき、共に働きたいと感じました。
    正道会が関東でも保育事業をスタートするというタイミングでもあり、採用の内定をいただいたあと、卒業式を無事に終えてから晴れて上京しました。

  • どんなお仕事をされていますか?

    現在、幼児クラスの担任しています。子どもたちがわくわく、どきどき、うきうきすることができるような活動とは?を常に考え、日々の活動や行事を行っています。また、室内遊びと戸外遊びを選ぶことができたり、食事や午睡の開始時間にゆとりを持たせたりなど様々な場面で選択制を設け、個人の意見を尊重した保育を心がけています。

  • やりがいを感じる時はどんな時ですか?

    なかなか言葉で気持ちを伝えられなかった子どもが泣きながらも一生懸命気持ちを伝えようとする姿を見た時や、困っている、悲しんでいる子がいたときに子どもたち同士で教え合い、助け合う姿を見た時など子どもたちの成長を身をもって感じた時にやりがいを感じます。

  • 入社を検討中の方へのメッセージをお願いします。

    子どもが発達していく中で基礎となるとても重要な乳幼児期に携わり、今年で3年目になりました。毎日新しい発見があり、面白くも難しく、やりがいのある仕事だなと感じています。
    私自身苦手なこともありますが、保育者同士でフォローし合い、チームで保育しています。なので苦手なことがあっても大丈夫です!
    ぜひ一度、園に見学にいらしてください。
    お待ちしています。

MESSAGE代表メッセージ

理事長 松尾 正一郎 / SEIICHIRO MATSUO

私は、50歳を前にして、これからの残された人生で果たして何ができるだろうか?という思いを抱くようになりました。そして、それまでにやってきた事業の中から、一番大変で利益の出そうもない保育の道を選びました。たとえ利益は薄くてもやりがいは一番だと感じたからです。
それから23年、改めてこの道でよかったという思いを強くしています。
法人の名前は「正道会」と付けました。実は47年間に他界した父の戒名からとったものですが、「保育の正しい道」とも解釈できるので、いい判断だったと思います。
「正道会」の「道」それは「みち」、「どう」または「タオ」とも読めますが、日本では「剣道」「柔道」「茶道」など 窮(きわ)めていくものを指す言葉として使われています。また、それは不変のものでもなく、絶えず変化し続けるものと言われています。
私たちは、未来に生きる子どもたちがよりよく生きるために、今何ができるのか、どうあるべきかを常に考え、変化し続けていきます。それこそが、「正道」なのだという強い信念をもって・・・

REQUIREMENTS募集要項

Copyright (C) 社会福祉法人 正道会