MENU OPEN
MENU CLOSE
CONTACT お問い合わせ

ニュースリリース

みちくさ通信

ここ近年、不登校の子どもたちが増えているようです。 それには様々な要因があるようですが、その1つの幼稚園、保育園での学びと小学校での学び方の差もあるようです。

園では生活と遊びを通して学び、小学校では教科書、机上での学びです。

教育の本質は、子どもの興味、関心を引き出し、学びの意欲を引き出すことにあります。 そうであれば

学び方はそれぞれでいいはずですが・・・

「行きたくない」(不登校)は、子どもたちのSOSです。まずは私たち大人が考え、改善する必要があるのでは

ないでしょうか?   みちくさは、子どもたちの心の安らぐ、また自分らしく入れる場所を目指しています。

支援相談士 松尾

トップページに戻る
Copyright (C) 社会福祉法人 正道会